So-net無料ブログ作成
検索選択

(98) ハリー・ポッターのハーマイオニーと屋敷しもべ妖精 [発音]

Dobby.jpg
I finished reading Harry Potter and the chamber of secrets on 14th July, 2008. I roughly undersood its story. So, there are many things that I want to know more  about. ハリーポッターと秘密の部屋を読み終えた、7月14日2008年。この話の大体のところは理解した。だから、もっとしっかりと知りたいことがたくさんある

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)

  • 作者: J.K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Bloomsbury Publishing PLC
  • 発売日: 1999/05/28
  • メディア: ペーパーバック


1. I had mispronouoced "Hermione" while reading the book. When I read a Japanese translated  book, I knew the right pronouciation, /hɚˈmaɪəni/. I found this phonetic symbol on the Internet.  Hermioneの発音をずっとハーミワンと間違えたまま読んでいた。訳本で発音が違うことを知った。ハーマイオニーだった。 インターネットで発音記号を見つけた。

2. What is house-elf?
According to Wikipedia;

Dobby reveals he is the Malfoys' servant, and knowing their treachery, had been trying to protect Harry all year. Rather than conventional clothing, house-elves wear discarded items like pillowcases and tea-towels. House-elves' masters can free them by giving them an item of clothing: Harry tricks Lucius Malfoy into freeing his house-elf Dobby by handing Lucius a book stuffed inside his "slimy, filthy sock". When Lucius discards the sock, Dobby catches it and is automatically freed.


試訳:ウィキペディアによれば、
ドビーはマルフォイのしもべで、彼らの裏切り行為を知ったため、一年中、ハリーを守り続けようとした。標準の服よりも、屋敷しもべ妖精は捨てられた物を着る、例えば、枕カバーとか布巾。屋敷しもべ妖精のご主人はしもべたちを自由にするためには、衣類を与えればよい。つまり、ハリーはルシアス・マルフォイを策略にかけて、彼の屋敷しもべ妖精のドビーを自由にしてやった。その策略とは、ハリーのべとつき、汚れた靴下の中に本を突っ込み、ルシアスに手渡すことである。ルシアスがその靴下を捨てたとき、ドビーはそれを掴み取った、そして自動的に自由の身となった。

treachery 裏切り行為、不信行為
discarded items 捨てられたもの
tea-towels. (英)布巾

"Why d'you wear that thing, Dobby?" he asked curiously.
"This sir?" said Dobby, plucking at the pillow-case. "'Tis a mark of the house-elf's enslavement, sir. Dobby can only be freed if his masters present him with clothes, sir. The family is careful not to pass Dobby even a sock, sir, for then he would be free to leave their house for ever."―pp.193



plucking at ~をぐいっと引っ張る


Quickly, wondering if this plan could possibly work, Harry took off one of his shoes, pulled off his slimy, filthy sock, and stuffed the diary into it.
・・・・・・
And he forced the smelly sock into Lucius Malfoy's hand.
"What the - ?"
Mr Malfoy ripped the sock of the diary, threw it aside, then looked furiously from the ruined book to Harry.
・・・・・・
"Come, Dobby. I said, Come!"
But Dobby didn't move. He was holding up Harry's disgusting, slimy sock, and looking at it as though it were a priceless treasure.
・・・・・・
"Dobby has got a sock,"said Dobby in disblief.
"Master threw it, and Dobby caught it, and Dobby - Dobby is free."
―pp. 362


disgusting むかつくような
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

(36)発音するもの、発音しないもの [発音]


私は、耳からよりも活字から単語を覚えることが多いので、発音を間違ったままでも、自分で気づいてないことが、どうも多いということがわかった。Better Englishの本の中から、発音する綴り字と、発音しない綴り字を含む単語をいくつか書き写し(今回も前回(36)と同じ)、発音と意味を調べて下記にまとめましたので、スペルを覚えるときの参考資料にお使いください。

ちなみに、今回、意味を知っていたけど、自分の発音が違っていた単語は12.chestnutをチェスナットと発音していた。
18. solderをソダーと思っていた。
20. herbはーブと信じて発音していた。

思いがけない発見、
13. boatswain [bo'usn] は棒心(ぼうしん)の語源かもしれないという説。
ボウシンは工事現場の作業員の中の責任者、中心となる職人さんという意味で、私の周りでは日常的に使っている「単語」。



発音する文字
1. epitome      [ipi'tэmi]          縮図、summary
2. canape       [kae'nэpi, -pei]  カナッペ(料理)、appetizer
3. flaccid        [flae'ksid]         しまりのない、not firm
4. government [gΛ'vэ(rn)mэnt] 政治、
5. strength     [stre'η(k)θ]        力、quality of being strong
6. length        [le'η(k)θ]          長さ
7. breadth      [bre'dθ]            幅
8. succinct     [sэksi'η(k)t]       ことばの少ない、brief

発音しない文字
 9. indict        [inda'it]          起訴する、charge with a crime
10. malign      [mэla'in]         中傷する、speak evil of
11. poignant   [po'in(j)эnt]    心を打つ、emotionally painful
12. chestnut   [t∫e'snΛ`t]      栗、nut of a tree related to the beech or the tree
13. boatswain [bo'usn]          甲板長、ship's officer in charge of the hull
14. comptroller [kэntro'ulэ(r)] 会計監査役、financial officer
15. gunwale     [gΛ'nl]           船べり、upper edge of a boat's side
16. bagnio       [bα':njou]       売春宿、
17. forehead    [fo'(:)rэd]        額、part of the face above the eyes
18. solder        [sα'dэ(r)]        はんだ、metalic alloy melted to join metallic surfaces
19. viscount     [va'ika`unt]    子爵、British nobleman ranking below an earl and above a baron
20. herb           [э':(r)b]          薬草、plant or plant part valued for medicinal or savory qualities
21. often          [o'(:)fn]          しばしば、many times
22. imbroglio    [imbro'uljou]    人や国家間の複雑で深刻な誤解、不一致、complicated situation


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(35)ileで終わる英単語の発音 [発音]

Franklin Computer/ Language Master LM4000

ileで終わる英単語発音ついて単語リストをまとめました。米国式の単語の発音を記憶するときの資料としてお使いください(英国式発音は除外しました)。

最初に書いた、発音は、手持ちのPronoucing Dictonary LM4000(Lingustic Technology by Franklin/ Merriam-Webster ) の発音です。 二番目の発音はThe Random House Dictionaryで調べました。和訳と英語の説明もつけました。。

Random House Dictionary

Random House Dictionary


Better Englishの著者、Norman Lewisによれば、ileで終わる単語の発音をアメリカ人はillという発音をする傾向があるとのことで、以下のような例1から例16までの単語を上げています。

とは言っても母音が入らす[l]と発音する場合(またはэl、il、i`:l) と[ai]と発音する場合の両方があり、Normanも*をつけた単語は[ai]とも発音されるといっています。でも辞書(The Random House Dictionary)で調べると、そのほかの単語も[ai]と発音することもあるように書かれています。


1. fragile          [frae'dз(э)l]                                 壊れやすい、easily broken
2. servile          [sэ':(r)vail]          [sэ':(r)vl]         卑屈な、behaving like a slave
3. versatile      [vэ':(r)sэtl]           [vэ':(r)sэtail]     多才な、having many abilities or uses
4. fertile           [fэ':(r)tl]                                     肥沃な、producing plentifully
5. imbecile        [i'mbэsl]                                     ばかな、愚かな、foolish
6. puerile          [pju'(э)rl]             [pju'(э)rail]*       幼稚な、childish
7. hostile          [hα'stl]                                        敵意を持った、opposed to someone or something
8. sterile          [ste'rэl]                                        不妊の、unable to bear fruit,crops, or offspring
9. juvenile       [dзu':v(э)nail]*      [dзu':v(э)nl]        年少者の、relating to children or young people
10. textile       [te'kstail]*           [te'kstil]              布地、fablic
11. docile        [dα'sl]                                           従順な、easily managed
12. virile         [vi'rail]                [vi'rl]                   男らしい、masculine
13. mercantile [mэ':(r)k(э)nti`:l]  [mэ':(r)k(э)ntail]*  商業の、relating to merchants or trade
14. domicile    [dα'mэsa`il]*        [dα'mэs`il]           居住地、home
15. agile         [ae'dз(э)l]                                      敏捷(びんしょう)な、able to move quickly and easily
16. futile        [fju':tl]                 [fju':tail]              役に立たない、useless or vain
17. infantile    [i'nf(э)nta`il]        [i'nf(э)ntil]            子供っぽい、relating to infants
18. francophile [frae'ηkoufail]                                 フランスびいきの
19. Anglophile  [ae'ηgloufail]                                  英国びいき
20. crocodile    [krα'kэda`il]                                   クロコダイル(ワニ)
21. senile        [si':nail]                                         ぼけた、
22. bibliophile  [bi'bliэfa`il]                                    愛読家、lover of books
23. profile       [pro'ufail]                                       横顔、picture in outline
24. exile         [e'gzail]                                         追放者、banishment
25. reconcile    [re'k(э)nsa`il]                                 仲直りさせる、
26. turnstile    [tэ':(r)nstail]                                   回転式改札口


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

(15)Dosing Pumpはドウシング・ポンプ [発音]


dosing pumpの読みはドウシング・ポンプと、は濁らない。

dosing pump
が薬品とかの注入ポンプという意味の単語とは知っているが、doseという言葉は会社以外ではあまり使ったことがない。

ドゥージング・ポンプと誰かが話している。そりゃちょっと発音違うんじゃないのドウジング・ポンプでしょう・・・。頭の中で、ひとりつぶやいてはみたものの、ちょっと不確かなので、英辞郎で確認してみた。

え!ほんと...dose [dous]だから、ドウシング・ポンプと、は濁らない。私も間違えていた。正直、ちょっとショック。でも、考えてみれば字引で、きっちり引いた覚えはないし、耳から覚えた単語でもない。会社でよく使う単語だが、私の日常ではあまり使わない。

Internetでみかけた、ポンプメーカのdosing pumpについての説明文:
Dosing pumps are low-volume pumps with controllable discharge rate that are used to inject additives or difficult-to-mix fluids into mixing, pumping, or batch/tank systems.

ご参考:
discharge rate :液体や気体の放出、排出、a flowing out
additives :添加物、添加剤,substance added to another


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

(3)hospitil ん?スペル違うよ! [発音]

小説の主人公のCharlieはhospitalの綴りを"hospitil"と間違えて報告書に書きこんでいる。彼の耳にはhospitilと聞こえているらしい。逆に私は綴り字の--talに引きずられてホスピルと日本語的に発音していることに気がついた。彼の耳が正しい。

いつももっと頭が良くなりたいと望んでいた精神薄弱者のCharlie Gordonは実験中の頭を良くする手術を受ける。progress reportをつけるように医師から言われる。素直に書き始めるが、彼は正しい綴り字を知らない、聞こえたままに単語を綴ってゆく。「アルジャーノンに花束を」"Flowers for Algernon"というSFの古典と呼ばれる小説の始まりである。

彼の文章のスペリングはenoughの代わりにenuffであり、laughの代わりにlaffと書かれてある。この例は納得いくが、しっくりこない表記にいくつか出会った。hospitilがその一つで、ほかにも

--->

animal ---> animil

experiment ---> experimint

therapy ---> theripy

happen ---> happin

などがあった。綴りではa,e,a,eとかわるが、辞書を調べると発音はどれも同じ曖昧な音(舌や唇を自然のままにして、口を少し開いて弱く「ア」と発音)でした。つまり、すべてiで表記されたChalieの表記はその意味で正しく、私の発音がスペルに引きずられて正しくできていないことに気づかされました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る